ホーム > クルージングについて > クルージングコース

クルージングコースCruising Course

横浜クルージングマップ。シーバスの水上バスコース、マリーンシャトルの40分コース60分コース90分コース、マリーンルージュの90分コース120分コースを俯瞰イラストで説明しています。

マリーンシャトル・マリーンルージュ・シーバスのそれぞれのコースを掲載しています。

40分(水色)・60分(青色)・90分(黄色)・120分(赤色)の観光船は4つのコースがございます。
シーバスは(緑色)横浜駅東口~山下公園間

航路説明 見どころ満載!!船上からの風景

日本一の港の風景

山下公園外観図。晴れた日の横浜山下公園の氷川丸前の広場にはたくさんの人が散歩しています。マリーンルージュ、マリーンシャトルからはこのようなアングルで見えます。

山下公園

横浜で最も有名な公園、山下公園。関東大震災のがれきなどを使って埋め立て造成された公園で、昭和5年3月に開園。元町・中華街や赤レンガ倉庫なども近く、港町・ヨコハマを感じられるエリア。当社の観光船が「氷川丸」のとなりから発着しております。

みなとみらい21の夜景の写真。MM21名物の観覧車、スラリとそびえ立つランドマークタワー、半月のかたちが印象的な横浜グランドインターコンチネンタルホテルなどたくさんのきらびやかな建物の夜景を海上から撮った写真

みなとみらい21

ランドマークタワーを始めコンベンション施設やホテルなど複合商業施設の立ち並ぶMM21地区。観光船はこの地域の沖をゆっくりと周遊します。夜景は特におすすめです!!

日没後すぐの赤レンガ倉庫がライトアップされた夜景。赤レンガ倉庫ならではのオレンジ色の景色が広がる写真

赤レンガ倉庫

明治末期から大正初期に国の模範倉庫として建設され物流拠点として活躍。現在は、港の賑わいと文化を創造する空間として改装され、文化施設・商業施設が入り地元や観光客で賑わっています。

晴れた日の横浜ベイブリッジをくぐるマリーンルージュのスカイデッキから撮った絶景写真。ベイブリッジの象徴的なH型の主塔のダイナミックさと遠くの横浜の風景がマッチした写真

横浜ベイブリッジ

横浜のシンボルであり、横浜と首都圏を結ぶ重要な役割を果たしているベイブリッジは平成元年に完成。全長860メートル、高さは175メートル、橋げたから海面までの高さは約55メートル。船から見上げるベイブリッジは迫力満点です!!

▲TOPへ戻る

Copyright (C) THE PORT SERVICE CORP. All Rights Reserved.